会員サービス

News

第21回事例検討会

2018.06.26

第21回事例検討会が終了しました。

 

今回のテーマは「嘱託産業医の経験した事例」でした。嘱託産業医の先生が関わられた5つの事例をご発表いただきました。

質疑応答の後、グループで興味をひかれた事例、産業医の先生に期待すること、産業医の先生と協同・連携するために工夫していることを話し合いました。

人事、産業保健スタッフ、産業医、コンサルタント、教員、経営者など異なる立場からさまざまなご意見を出していただきました。

連携について、「産業医面談の前に勤務状況をお伝えする」「A4半分くらいに箇条書きでまとめたものを渡す」など各企業様でされている工夫が語られました。

 

たくさんのご参加ありがとうございました。

第20回事例検討会

2018.02.20

第20回事例検討会が終了しました。

 

今回のテーマは「不調者の休復職にあたり人事の立場で留意していること」でした。休復職に携わる人事ご担当者さまからまず発表いただき、産業医の先生からコメントをしていただきました。

その後はグループで各担当者さまが面談・休職・復職・復職後に工夫、配慮していることを意見交換しました。

人事、産業保健スタッフ、カウンセラー、主治医など異なる立場よりさまざまなご意見を出していただきました。

「事業規模により対応の仕方は変わる」、「本人の問題だけにせず、職場環境も考える」、「休職について説明する際には家族も含めて」等も話題に挙がりました。

ご発表下さいましたご担当者様におかれましては、真摯に丁寧に行っている取組みをご提供くださりありがとうございました。

 

 

たくさんのご参加ありがとうございました。

第19回事例検討会

2017.11.29

第19回事例検討会が終了しました。

 

今回のテーマは「『心の健康づくり計画』を議論する!」でした。現在体制作りに取り組まれている2社のご担当者様から取組みと課題を紹介していただきました。

産業医・人事・保健師等、様々な立場から意見交換が行われ、「体制を運用していくためにも、関係者への事前の教育が必要になってくること」、「属人化しているものをどう体制化していくかに難しさがある」ことなどの話題が挙がりました。

事例を出していただきました企業様におかれましては、飾ることなく取組みと課題を提供して頂きありがとうございました。

 

 

たくさんのご参加ありがとうございました。

第18回事例検討会

2017.05.30

2017年5月25日(木)、第18回事例検討会が終了しました。

 

今回のテーマは「社内カウンセリングの一事例」でした。長期化したカウンセリングでの終着点がテーマとなり、対人援助職での支援の終わり方を考える良い機会となりました。グループディスカッションでは、産業医・カウンセラーの方々の経験を交えた活発な意見が交わされました。

また、カウンセリングをしていく上で、枠を作っていくこと、職場・産業医・主治医との連携、本人だけでなく、企業側を含めたニーズを考えることの大切さについて振り返る機会となりました。

事例を出していただきました先生におかれましては、対人援助職に共通して起こり得るテーマを提供して頂きありがとうございました。

 

たくさんのご参加ありがとうございました。

第17回事例検討会

2017.02.24

2017年2月16日(木)、第17回事例検討会が終了しました。

 

今回のテーマは「復職支援困難事例への対応:精神科医と産業医の意思疎通」でした。

ストレスチェック義務化から1年が経過した現在、精神科医と産業医の連携がより重要視されるようになっています。

グループディスカッションでは、ストレスチェック制度下における産業医・精神科医の役割として期待されることについて意見が交わされました。

また、高ストレス者への対応の工夫として、「産業医の健康相談として対応する」、「産業医が研修を行うなどして社内に顔を広めておき、相談しやすい関係を作っておく」などの案が出ました。

「信頼関係の高い組織はストレスチェックの回収率が高く、面談申込み率も高い傾向にある」という経験も語られ、組織のガバナンスを活かすための工夫についても考える機会となりました。

 

 

たくさんのご参加ありがとうございました。

第16回事例検討会

2016.10.05

2016年9月28日(水)、第16回事例検討会が終了しました。

 

今回のテーマは「ストレスチェック制度実施で見えた職場の思い(ホンネ)~得られたデータを有効活用するための第一段階~」でした。

義務化以前からストレスチェックを実施してこられた企業の担当者をお招きし、高ストレス者対応の実際や組織分析結果のご紹介、職場環境改善に向けたヒアリングなど、実践的なお話をいただきました。

 

たくさんのご参加ありがとうございました。

第15回事例検討会

2016.06.23

2016年6月15日(水)、第15回事例検討会が終了しました。

 

今回のテーマは「復職支援の取り組み~当事業所における経験から~」でした。

前半は人事ご担当者に復職支援の取組みについて、障害者雇用の実情を含めた日頃の困りごとや実践している対策をご紹介いただき、後半は各企業の実情についてグループディスカッションで共有しました。

復職支援、障害者雇用ともに職場のキーパーソン(本人が適応できるよう援助する存在)をいかに育てるかがポイントであるとの意見が出ました。ストレスチェック制度を活用し、従業員の研修からキーパーソンを育成していく方法についても意見が交わされました。

 

たくさんのご参加ありがとうございました。

第14回事例検討会

2016.02.25

2016年2月17日(水)、第14回事例検討会が終了しました。

 

今回のテーマは「ストレスチェック制度・運用の実際」でした。

前半は事例を交えたストレスチェックアンケート活用の解説、後半はグループ座談会を行いました。

グループ座談会ではストレスチェック制度導入の進捗状況や、運用を進めるうえでの困りごとを話し合いました。

「WEBを利用しての実施よりも紙媒体による実施の方が回収率は高いのでは?」、「アウトソーシングした方が従業員は安心して受検できるのでは?」など、制度を作り上げていく中での困りごとを共有する機会となりました。

また、「今後、制度を定着させていくためには運用方法に関して継続的な検討が必要である」、「また1年後、同様のテーマでディスカッションし、理解を深めたい」との意見も出されました。

 

たくさんのご参加ありがとうございました。

 

第13回事例検討会

2015.11.24


2015年11月19日(水)、第13回事例検討会が終了しました。

今回のテーマは「休職中の治療経過で発達障害の疑いが強まった
エンジニアの職場復帰支援」でした。
本人対応に携わった看護師、人事担当者、主治医、支援施設の
担当スタッフが一堂に会し、具体的な事例検討がなされました。
ディスカッションでは各企業での類似事例や、その他の困難事例の話題が上がり、
今後の対応に活かせる機会となりました。

たくさんのご参加ありがとうございました。

ストレスチェック制度の活用

2015.09.17


2015年9月3日(木)、関西福祉科学大学長見まき子先生をお招きし、職場のメンタルヘルス事例検討会(特別編)「ストレスチェック制度の活用~EAPを活用した集団分析と改善活動~」を開催いたしました。
「実施予定日の6ヶ月前には準備にとりかかる」、「外部機関に委託する際の注意点」、「ストレスチェックは職場環境改善に繋げてこそ意味がある」など、制度や実際の実施のポイントを大変分かりやすく解説いただきました。
参加者の皆様には職場環境改善のグループワークも体験していただきました。

たくさんのご参加ありがとうございました。

第12回事例検討会

2015.06.23


2015年6月17日(水)、第12回事例検討会が終了しました。

「休復職を繰り返す社員の事例」をテーマに、
職場がどのように対応すべきかを検討しました。
今回は、リワークおよび試し出勤を経て復職したものの就労状態が不安定で
対応に苦慮しているというケースでした。
事例性と疾病性が複雑に重なり合っていた本ケースでは、本人への対応に加え、
上司や同僚など、本人と関わる周囲の人々への支援も重要であると感じられました。
また、職場と主治医がいかに連携するか、さらに、本人の抱える問題に対して
リワークをどのように活用するのか、各々の情報共有についての
課題が話し合われました。

たくさんのご参加ありがとうございました。

第11回事例検討会

2015.02.26


2015年2月18日(水)、第11回事例検討会が終了しました。

今回は、「楽しい職場作りのコツをつかもう!」をテーマに、
龍谷大学 須賀英道先生をお招きし、ポジティブ心理学の知見をもとにした
セミナーを開催しました。

「"問題点"を視点とした会話ではなく、"人"を視点とした会話」、
「強みを見つけ、磨きをかけるアプローチ」など、
グループワークを通じてポジティブ指向を参加者の皆さまに体験していただきました。

職場でのコミュニケーションはもちろん、普段の生活でも役立つスキルが多く、
参加者からは「シリーズでもう少し詳しく聞きたい」とのお声もいただきました。

たくさんのご参加ありがとうございました。

第10回事例検討会

2014.12.12


2014年11月12日(水)、第10回事例検討会が終了しました。

今回は、「最近のメンタルヘルス対策と復職支援事例」をテーマに、
業務内容の変化(単純業務から複雑業務)により不調をきたし、
長期休養を繰り返した事例について検討しました。

職場不適応の背景に発達障害が疑われる今回の事例では、
ラインへの教育が重要な点であり、本人の特性に合わせた指導を
どう職場に落とし込んでいくかがポイントとなりました。
グループ検討では、ラインケアの活用に焦点を当てた
ディスカッションが盛り上がりました。

疾病へ進む前の段階で職場・個人がともに
早期に対応することの重要性を改めて確認する機会となりました。


たくさんのご参加ありがとうございました。

第9回事例検討会

2014.09.02


2014年8月20日(水)、第9回事例検討会が終了しました。

今回は、「休職者の職場復帰、会社はどこまで配慮すべきか?」をテーマに、
従業員の復帰に際して職場がどのような配慮を行うか、
その際に注意するポイントは何かについて検討しました。
グループディスカッションでは本人への配慮に加え、
労務管理の視点や医師との連携についても意見が交わされ、
活きた事例検討の場となりました。


たくさんのご参加ありがとうございました。

健康経営セミナー

2014.06.09

2014年6月5日(木)、特定非営利活動法人 健康経営研究会 理事長 岡田 邦夫先生をお招きし、

健康経営セミナーを開催しました。

当社は同研究会に入会し、「健康経営」の普及促進に力を入れております。

セミナーでは「メンタルヘルス対策がもたらす経営効果」というテーマのもと、

メンタルヘルス対策の取り組みと組織マネジメントとのかかわりについてお話いただきました。

企業経営のリスクマネジメントの観点からも、非常に参考となる貴重なお話を聞くことができました。

また、岡田先生はフロアからの質疑にも丁寧におこたえくださり、

参加者の皆さまからは「非常に満足度の高いセミナーだった」とのお声をいただきました。

たくさんのご参加ありがとうございました。

第7回事例検討会

2014.03.26

2014年3月19日(水)、第7回事例検討会が終了しました。

今回は、「人事部門と産業保健スタッフの連携」をテーマに、企業の一例をご発表いただきました。

不調者を支える仕組みに不可欠である「連携」について、人事・産業保健スタッフ各々の立場からできる支援を明確にし、協力することの重要性が語られました。

また、従業員個人のみならず、その家族も含めたQOLをどう高めていくか?組織が病んでいないかのアセスメントをどうするか?との話題ものぼり、本人・家族・組織を含めた健康職場のあり方について考える場となりました。

たくさんのご参加ありがとうございました。

第6回事例検討会

2013.12.20

2013年12月11日(水)、第6回事例検討会が終了しました。

今回は、「ハラスメント予防の取り組み」のテーマのもと、上司の厳しいマネジメントスタイルが負担となり不調を訴えた従業員と、上司本人への対応に関する事例をご紹介いただきました。

全体討論では、対象者個人へのアプローチに限らず、職場環境をどのように改善していくかという視点から多くの意見が交わされました。

たくさんのご参加ありがとうございました。

第5回事例検討会

2013.09.24

2013年9月18日(水)、第5回事例検討会が終了しました。

今回は、“「本当にうつか?」と疑うパフォーマンスの低い社員への対応”について検討しました。

ディスカッションでは人事・労務担当者や産業保健スタッフ、精神科医など、様々な立場からの意見が交わされ、事例性と疾病性について、企業のメンタルヘルスの実情を多面的に考察できる場となりました。

たくさんのご参加ありがとうございました。

第4回事例検討会

2013.06.27

2013年6月19日(水)、第4回事例検討会が終了しました。
第4回はパワーハラスメントに関する2事例からハラスメントとメンタルヘルスの関係、対応について検討しました。個人へのアプローチから組織としての対策まで、企業の方々の実体験をもとにハイレベルなディスカッションが行われ、皆さまのメンタルヘルス取組みへの熱意が伝わってくる会となりました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

第3回事例検討会

2013.04.15

2013年3月13日(水)、第3回事例検討会が終了しました。
今回は、"復職したにも関わらず、体調不良等による遅刻や欠勤を繰り返し、業務に支障をきたしている事例"について検討しました。 ディスカッションでは、会社と外部資源(クリニック、リワークなど)、それぞれが担う役割について再確認・再認識しました。 終了予定時刻を超えても話題が尽きないほどの大変な盛り上がりとなり、参加者の方からは「すぐにでも、会社に持ち帰りたい内容でした!」とのお声をいただきました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

第2回事例検討会

2012.12.20

2012年12月19日(水)、第2回事例検討会が終了しました。
今回のテーマは休職を繰り返す事例への対応についてでした。会社と主治医との連携の重要性を確認した会となりました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

第1回事例検討会

2012.06.27

2012年6月26日(火)、第1回事例検討会が終了しました。
第1回は対人関係のトラブルを繰り返す架空事例をもとにグループワークを行いました。 事例性と症例性について、白熱した議論となりました。精神科医、産業医の意見より、会社としての対応を再確認する機会となりました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

このページの上へ